春の全国火災予防運動(2024年)

全国統一防火標語は
火を消して 不安を消して つなぐ未来

実施期間は令和6年3月1日(金)~7日(木)です。

2月から3月は空気が乾燥し風の強い日も多くなります。火災の怖さは延焼による近隣への被害拡大、1度に複数の死傷者が発生するケースも少なくないことです。お出かけ前、おやすみ前には火の元を確認!

[目次]

このページに掲載している数値等は消防庁のデーターから出典した情報です。消防庁の利用規約に準拠して掲載しています。数値を再利用される場合は、正確性を期するために出典元データーをご使用ください。

春の全国火災予防運動

  • 主唱:消防庁
  • 期間:令和6年3月1日(金)~7日(木)
  • 標語:『火を消して 不安を消して つなぐ未来』

重点項目

  1. 住宅防火対策の推進
  2. 乾燥時及び強風時火災発生防止対策の推進
  3. 放火火災防止対策の推進
  4. 特定防火対象物等における防火安全対策の徹底
  5. 製品火災の発生防止に向けた取組の推進
  6. 多数の者が集合する催しに対する火災予防指導等の徹底
  7. 林野火災予防対策の推進

(1)火災予防運動のポスター

画像のリンク先でPDF表示します。

▲春の全国火災予防運動ポスター ▲防火標語

まとめてダウンロード
[zip形式]1.61MB

(2)事業者・店舗向けリーフレット

各リンク先(消防庁)で表示・印刷できます(PDF)。多くの人が集まる場所では、火災だけでなく、地震発生時の避難経路の安全確認もお忘れなく。防災・防火対策がより重要な時期かもしれません。

その他(消防庁にリンク|PDF)

まとめてダウンロード
[zip形式]9.68MB

▲上記のリーフレット6種類を同梱しています。いずれもPDF形式です。

(3)自治会・町内会向けチラシ

  • 自治会や町内会などで個人や世帯向けの配布・回覧用のチラシです。
  • 画像のリンク先でPDF表示します。​
①配布チラシ ②多言語チラシ ③確認チラシ

①は一般向けチラシ、②は多言語チラシ(英語・中国語・韓国語・ベトナム語・ポルトガル語・タガログ語)です。③は「おやすみ前、お出かけ前」の確認チラシ(うっかり忘れ防止)です。①はPowerPointをお持ちの方は簡単に文字等を改変できます。PowerPointファイル(ppt)を同梱しています。町内の名称を追記するなど、自由に改変してお使いください。

低画質なため印刷はA4(タテ)サイズをお勧めします。※このチラシのみ当サイトで作成。

まとめてダウンロード
[zip形式]2.32MB

▲上記のチラシ①~③のPDFと①のPowerPointファイルを同梱しています。

地震火災の防止

消防庁が制作・公開している動画(3分間のダイジェスト版)です。地震や台風などの自然災害時における火災について、わかりやすく解説しています。もしもの時にたいへん役立つ内容です。

今年はこれまで以上に自然災害のリスクが顕在化しそうです。動画でも説明されていますが、電源やコンセント周辺の安全対策が大切のようです。大規模地震でなくても地震発生時に倒れた花瓶や加湿器の水、水槽を設置の方は壊れたりあふれた水が、延長ケーブルを含め電気製品にかからないようにしたいですね。昨今はスマホや家電製品、OA機器の充電器など多くのデバイスが普及し、延長ケーブルの使用も多いと思います。就寝中や不在時の火災リスクも心配です。またこの時期は加湿器の使用も多いと思います。水蒸気が電気製品にかからないような配置も必要です。
本編動画はこちらから(約11分)[表示]

全国の火災発生状況

火災発生件数は3万6375件で、前年より1,153件多くなっています。2024年1月時点で発表されている統計は2022年のデーターです。2023年は発表後に更新します。

数値の出典:消防庁

発生状況(2022年)

総出火件数のおもな内訳

  • 建物火災:20,185件
  • 車両火災:3,414件
  • 林野火災:1,244件

死傷者数は7,165人

  • 死者数:1,446人
    (うち建物火災は1,168人。※自殺を除く)
  • 負傷者数:5,717人

建物火災のおもな内訳

  • 一般住宅:7,183件
  • 共同住宅:3,459件
  • 併用住宅:375件

住宅以外のおもな建物

  • 特殊複合用途(※):1,896件
  • 工場・作業場:1,656件
  • 事務所:729件
  • 飲食店:467件

※特殊複合用途とは1階を店舗、2階をオフィス、3階以上をマンションなどの居住スペースなど、ひとつの建物を複数の用途に使用している建築物。

住宅火災による死者(放火自殺者等を除く)922人のうち、65歳以上の高齢者は692人(75.1%)です。死者の発生した経過別死者数では、逃げ遅れ407人、着衣着火が36人、出火後の再進入が16人、その他が463人です。毎年住宅を含む全火災では、失火によるものが約3/4です。

店舗の火災は多数の死傷者が発生することも少なくありません。管理者は消火設備および避難経路、非常出口の点検(出口付近に物を置かない、扉を施錠しない)を!
飲食店では排気ダクトの清掃・点検を行いましょう。ダクト内に溜まったほこりなどに、調理中の火が燃え移る火災も発生しています。焼き肉店などは特に注意が必要。

事業所・工場などでは配線(ネズミなどにかじられたり、荷物等で踏まれてないか)、配電盤の点検(漏電チェック)、防火設備の点検が必要です。特に台風などで水害被害を受けた建物では、十分な点検を行いましょう。
※漏電状態(電源ケーブルの絶縁物が切れる、破れるなどで電気が漏れる)では、電気が他の物質と干渉し、火花(スパーク)が発生することで火災の原因になる。

火災の発生が多い月

  1. 3月:4,111件(11.3%)
  2. 2月:3,761件(10.3%)
  3. 1月:3,614件(9.9%)

火災の発生が多い時間帯

  1. 14時~15時:13.9%
  2. 12時~13時:13.8%
  3. 10時~11時:13.1%
過去5年の状況(2018年~2022年)

 

▲グラフには林野火災、車両火災等は省略しています。総出火件数には含みます。

都道府県ランキング(2022年)
(1)総出火件数

都道
府県
総出火
件数
1 東京 3,970
2 神奈川 1,894
3 愛知 1,861
4 大阪 1,841
5 千葉 1,832
6 埼玉 1,701
7 兵庫 1,646
8 北海道 1,639
9 福岡 1,415
10 茨城 1,091
(2)建物火災

都道
府県
建物
火災
1 東京 2,859
2 大阪 1,270
3 神奈川 1,173
4 愛知 1,046
5 埼玉 1,039
6 北海道 986
7 千葉 939
8 兵庫 822
9 福岡 757
10 茨城 530
(3)死傷者数

都道
府県
死傷
者数
1 東京 833
2 大阪 442
3 愛知 385
4 千葉 355
5 神奈川 346
6 埼玉 336
7 兵庫 334
8 北海道 311
9 福岡 258
10 茨城 225
(4)出火率 {人口1万人あたり}

都道
府県
出火率
1 大分 4.93
2 高知 4.51
3 山口 4.50
4 島根 4.38
5 宮崎 4.33
6 佐賀 4.06
7 熊本 3.99
8 青森 3.90
9 香川 3.90
10 山梨 3.87
火災のリスクが高い都道府県

出火率は人口1万人あたりの火災件数(すべての火災)です。過去5年間(2018年~2022年)の平均出火率でみると、全国平均は2.87です。もっとも高かったのは島根県で4.04です。

順位 都道府県 出火率の平均
1 島根県 4.04
2 山梨県 4.01
3 宮崎県 4.00
4 大分県 3.99
5 高知県 3.97
6 長野県 3.96
7 青森県 3.95
8 茨城県 3.90
9 鹿児島県 3.87
10 山口県 3.84

もっとも低かったのは富山県(出火率は1.62)で、低い順で5年連続1位(※)です。石川県(同1.99)は5年連続で3位以内、福井県(同2.22)も全国平均を下回っています。

※富山県のWEBサイトによると1991年(平成3年)から2022年(令和4年)まで、32年連続で出火率がもっとも低いということです。同県では「少年消防クラブ(※)」の活動が活発に行われており、子どもの頃からの火災予防教育による防火意識の高さ、また3世帯同居率も高く高齢世帯の火災発生が少ないことも要因とされています。
2022年の総出火件数でみると154件で全国でもっとも少なく、人口がほぼ同じの山形県の284件と比べて130件少なく、宮崎県の467件(2022年の出火率5位)と比べると313件も少なく約1/3です。
※少年消防クラブ(BFC)は全国に約4,300あり、小学校4年生から高校生(約40万人)が参加して、防火・防災の知識を身につけるための活動を行ってる自主的な防災組織。

さまざまな素材に印刷します!

当社関連サイト「印刷工房」ではノベルティー商品、Tシャツやゴルフボール、ボールペンなど、幅広い素材への印刷を行っています。またオンデマンドによる小ロットでチラシを低価格で作成いたします。ホームページに制作例を掲載、ぜひご覧ください>>

東洋フォーム印刷からのお知らせ

ビジネスフォーム(伝票・帳票)や封筒・ハガキ等の印刷から、飲食店などの店舗向けチラシの作成を行っています。お客様のご要望を直接お聞きし製品づくりに反映。工場直送だからできる低価格で、経費の削減をお手伝いしています。
スタッフの募集 飲食店のチラシ
  • 工場直送で低価格を実現、コスト削減が可能です!
  • 今お使いの伝票仕様で、お見積もりします。
  • お気軽にお問合せまたは、お見積もりをご依頼ください。
  • 電話:052-623-1325
    (平日9:00~18:00)
  • FAX:052-622-7022
お知らせ
シェアする
連続複写伝票などの伝票印刷
タイトルとURLをコピーしました