データ作成上のご注意点

Adobe Illustrator(イラストレーター)の場合

イラストレーターのデータ作成時にご注意いただきたい内容について記載しております。データ作成時・入稿時には十分ご注意いただきますようお願いいたします。データに不備が見つかった場合はお客様にデータの修正をお願いしております。あらかじめご了承くださいませ。

カラーモードは必ずCMYKモードで

イラストレーターではカラーモードを「RGBモード」と「CMYKモード」に設定することができます。印刷用データは必ず「CMYKモード」にて作成してください。RGBモードで作成されますと印刷での色味が大きく変わります。

RGBカラーモードでご入稿された場合は弊社にてCMYKカラーに自動的に変換致します。PCのモニター上の色合いと印刷後の色合いに差が出ます(仕上がりがくすんでしまいます)。RGBカラーとCMYKカラーとでは再現色域が異なるため避けられないことですのでご理解をお願いいたします。

CMYK・RGBのカラーモードについて

フォントのアウトライン化について

フォントはたくさんの種類があり、お客様の使用したフォントと弊社保有のフォントが異なります。弊社に無いフォントを使用してデータを作成された場合、そのまま弊社でデータを開くと違うフォントに置き換わってしまいますので、必ずフォントのアウトライン化をお願いいたします。

アウトライン

画像の埋め込みについて

データ作成で使用した画像をご入稿いただく際には、全ての画像を「埋め込み」にてお願いしております。リンク画像の状態で入稿され、使用したリンク画像がないとリンクが切れて画像を表示することができません。

トンボ(トリムマーク)と裁ち落とし(塗り足し)について

トンボは印刷範囲や断裁ライン、加工の位置を示す目印です。トンボには2種類あり、四隅に配置されているマークを「コーナートンボ(角トンボ)」、センターに配置されているマークを「センタートンボ(十字トンボ)」といいます。
裁ち落とし(塗り足し)とは、仕上がりのサイズよりも外にある、裁ち落とされる部分のことをいいます。フチなし印刷(紙端まで色を印刷したい場合)には、この塗り足しが必ず必要となります。印刷物は、仕上がりサイズより大きな用紙に印刷を行い、数百枚から数千枚をまとめて断裁機で仕上りサイズに断裁します。
その際に発生するわずかなずれによって印刷物は仕上がりのラインの外側で断裁されてしまう場合があります。この場合に塗り足しがない(=裁ち落としの領域に印刷されている物がない)と、元の紙の色(=白地)が印刷物の中に入ってしまうことになります。
このため裁ち落とし領域まで絵柄を入れて、多少の断裁のずれにも対応できるようにすることが必要になります。
同じように文字を配置する場合は、文字が欠けない様に仕上りよりも3mm程度内側に配置してデータを作成すると安心です。

 

トンボ(トリムマーク)と塗り足しについて

 

 

 


東洋フォーム印刷は、あらゆる用途に対応する「ビジネスフォーム」の印刷を行っています。
販売店を介さず、お客様のご要望を直接お聞きし製品に反映させています。

  • 工場直送で低価格を実現、コスト削減が可能です!
  • 今お使いの伝票仕様で、お見積もりします。
  • お気軽にお問合せまたは、お見積もりをご依頼ください。
  • 電話:052-623-1325
    (平日9:00~18:00)
  • FAX:052-622-7022
お問い合わせ(ファイルの添付OK)

■■現在スタッフ募集中■■

新卒・中途 採用情報
お知らせ伝票印刷について
シェアする
連続複写伝票などの伝票印刷
タイトルとURLをコピーしました