印刷・DTPの基礎知識 オフセット印刷とは

オフセット印刷とは

オフセット印刷とは、現在では書籍印刷から商業印刷まで幅広く使用されている、一番ポピュラーな印刷方式です。大量の印刷物を短時間で仕上げることができ、更に大部数の印刷であればあるほど低価格になるのが特徴です。

作業の流れ

オフセット印刷は、DTP制作(デザイン・版下作成) → 製版作業 → 印刷作業 → 加工作業 → 納品となります。

オフセット印刷の仕組み

オフセット印刷にはPS版と呼ばれる凹凸のない薄いアルミ製の版(印刷の元となる板)が使われます。この版の表面には感光剤が塗られており、感光させて現像すると「水をのせやすい部分(親水層)」と「水をはじく部分(親油層)」ができるように加工されています。この版を水で濡らした後にインキをつけると、水と油(インキは油です)が反発しあい「水をはじく部分」にだけインキが残ります。オフセット印刷はこの性質を利用して印刷を行います。

オフセット印刷の仕組み

オフセット印刷は版についたインキを一度ゴムをまきつけたローラー(ブランケット胴)に移し、そのローラーから紙にインキを転写するという方式をとっています。版についたインキをローラーに移す(剥がす)ことを「オフ」する、ローラーからインキを紙に移して転写することを「セット」といい、この工程を経る印刷方式なのでオフセット印刷といわれるようになっています。版が直接紙に触れないことから胴の摩耗が少なく、鮮明な印刷が可能です。大量部数の印刷も、短時間でスピーディーに仕上げることができます。

オフセット印刷

オフセット印刷の種類

オフセット印刷機には紙1枚ずつに印刷する枚葉機、巻取り紙に連続的に印刷する輪転機などがあります。東洋フォーム印刷ではオフセット輪転機を使用しています。印刷と同時にミシン目や穴あけなどの加工ができるように工夫されています。生産性が高く大ロットの印刷に向いています。

トップへ戻る